パソコン買取・中古パソコン買取廃棄は法人専門のブロードリンクへ

TOP > CO2排出削減活動をご支援!

企業・官公庁様のCO2排出削減活動をご支援!

ブロードリンクが選ばれる理由現在、地球温暖化防止のため、CO2排出削減は、社会全体の大きな課題となっております。
お客様がリユース用として当社にお引取を依頼されますと、ご希望によりCO2削減効果値をご提供しますので、お客様のCSRレポートや環境報告書に効果値を掲載することが可能です。


中古情報機器の環境負荷(Co2排出量)削減効果算定の考え方

新製品情報機器のライフサイクルにおける流れと、中古情報機器の流れを比較すると、新製品情報機器に対して、中古情報機器の流れは異なっていますが、中古情報機器の流れと環境負荷(Co2排出量)への影響面を評価すると以下のようになります。

  中古情報機器の流れ 環境負荷への影響
(1) 「資源採掘から商品製造までの流れ」がない。 製品製造までの環境負荷がないので、その分の環境負荷削減に寄与。
(2) 「新製品製造から使用(販売・使用場所)までの輸送」がない。 (5)の「再製品化(再生)から使用までの輸送がある」の輸送と同等とみなし、環境負荷の側面では相殺すると想定。
(3) 使用から再製品化(再生)までの輸送(回収)がある。 新たに発生する工程であり、環境負荷拡大に影響。
(4) 再製品化(再生)の工程がある。 同上
(5) 再製品化(再生)から「使用」までの輸送がある。 (2)の「新製品製造から使用までの輸送がある」と同等と見なし、環境輸送の側面では相殺すると想定。

パソコンのリユースによる、環境負荷(Co2排出削減)削減効果状況

“RITEA(一般社団法人中古情報機器協会)”ではパソコンのリユースにより、以下のような効果が得られると算出しております。また、RITEAに弊社の環境負荷削除効果の測定を依頼した結果、以下の通り結果が算出されました。

  平成19年度 合計販売台数RIETA会員 企業31社 単位:千台 1台あたり Co2排出削減 効果値(単位:kg-Co2/台) 合計Co2排出削減 効果量(単位:t-Co2) 平成19年度 1台あたり 当社削減効果値 (kg-Co2/台) 平成19年度 当社合計Co2排出削減 効果量(単位:t-Co2)
ノート型パソコン 842 79.941 67,311 79.97 11,798.712
卓上型パソコン 747 120.678 90,147 120.91
ワークステーション 2 152 304 120.91
サーバ 60 180.366 10,882 181.87
液晶ディスプレイ装置 417 54.851 22,873 54.97
CRTディスプレイ装置 219 49.808 10,908 49.94
合計 2,287 - 202,425 -

お客様のパソコンリユースによるCo2削減効果値情報の提供

ご希望により「パソコンリユースによるCo2削減効果値報告書」をご提供いたします。お客様のCSRレポートや環境報告書などにご活用いただけます。


WWFとの提携による寄付活動

ご不要となったパソコンを弊社に売却いただき、その売却代金をWWF(世界自然保護基金)の活動資金として寄付いただくものであり、お客様と弊社がパートナーシップを組んで地球環境問題に取り組むスキームです。


WWFを支援することで得られるメリットは下記のとおりです。

  1. WWFを支援することで、環境面における責任や社会的責任(CSR)を果たしている会社であることを社会向けにPRできます。
  2. 支援金(寄付金)は不要。パソコンの売却代金で賄えます。(新たな支出が不要)
  3. 税法上の優遇処置があります。

※WWF向けの寄付金には税法上の優遇措置が適用され、寄付金の額と寄付金の損金算入限度額のいずれか少ない金額が損金に算入できます。


WWF[世界自然保護基金]の概要

WWFは、世界100カ国以上のネットワークを持つ世界最大級の自然保護NGOです。1961年にスイスで設立されて以来、人間と自然の共存を目指して絶滅の危機にある野生生物の保護や森林やサンゴ礁、干潟などの生態系の保全、地球温暖化防止などの活動に取り組んでいます。その活動はすべて、一般の個人・法人からの寄付に支えられています。


スピード対応!PC買取見積もり依頼

まずはお電話ください。 メーカーや型番等がよくわからない。
正確な台数が分からない。急いで処分したい。先の予定でもOK!
パソコン買取をご検討されている方に、
お見積りやご提案をいたします(出張対応も致します)。

ネットでのお問い合わせはこちら


ページの先頭へ